創立100周年誌が完成しました

50周年から、ほぼ10年ごとに作られてきた記念誌の集大成として、同窓生のみなさまにお読みいただければ幸いです。

ご希望の方にこちらの記念誌をお分けします。

創立100周年のご紹介

100周年記念式典で映像にて披露した
「校歌(編曲:山本直純氏・演奏:清水フィルハーモニー管弦楽団と有志)」をオーケストラで演奏するにあたり、
演奏しやすいように剣持さんがスコアとパート譜を全て楽譜浄書してくださいました。
(山本直純氏直筆の楽譜を整えて写譜していただいた)

東高で今後演奏する機会があったら利用できるようにと、寄贈いただきました。

「清水東高寄付金」今回の寄付で

¥60,615,399の寄付が集まりました。

ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。
2024年3月31日現在

新着情報

R5年度卒業式、記念事業完了の報告

3月1日に令和5年度の清水東高校の卒業式がとり行われ、引き続き同窓会入会式にて卒業生は同窓会生となりました。 在校生全員に100周年の記念誌が配布されました。 3月26日にトレーニング機器が学校に納入設置され、特定寄付に

More »

Daiichi-TVでTVCMが放送されました

『清水東高校100周年スポット 2022年版』

清水東高同窓会会長挨拶

清水東高同窓会会長
100周年目前、結束! 令和の年号と同時に実行委員会がスタート。式典・事業内容の計画、そのための寄付依頼など細部にわたって検討を進め、2022年に入ってからは月2回のペースで熱のこもった会議を重ねている。 在校生と未来の清高生が「文武両道」をモットーにいきいきと学んでほしいと願うのは、全同窓生の想いであろう。創立100周年を期して、同窓会は強固な結束でバックアップしたいものである。 みなさんもぜひ、結束を!

実行委員長挨拶

清水東高100周年記念事業実行委員長

わが母校は記念すべき創立100周年を2023年に迎えます。
1923年11月(大正12年)「静岡県立庵原中学校」として創立し、その後は「県立清水中学校」「県立清水第一高等学校」となり、1949年に現在の校名「静岡県立清水東高等学校」と改称してきました。
100年という歴史を刻むことができるのも多くの卒業生が多方面で活躍し名声を挙げてきたからです。また、各運動部・文化部で活躍し、SSHの18年連続指定を受けるなど在校生も「文武両道」を貫いています。この素晴らしい歴史をもつ学校であることは私たちの誇りです。
この100周年に出会うことができる喜びと同時に、実行委員長としての責任の重大さも痛感しております。
実行委員会は2019年に新33~37回代議委員を中心に発足し、100周年記念事業として「記念式典」「記念事業」「記念誌」を企画しました。このホームページでこれらの事業の計画を詳しく紹介しておりますので、どうぞご覧ください。
みなさまのお力で100周年を盛大にお祝いするとともに、これからの100年も母校の立派な功績が続くためのスタート年となりますようよろしくお願い申し上げます。

100周年お祝いメッセージ

静岡県立清水東高等学校100周年を記念し、皆様からのお祝いメッセージを募集したものを掲載しています。

清水東高100周年記念事業

記念式典・記念事業を形にすべく企画を進めています。現在調整中の部分も多いため、ここではまだ公にできないこともあるのですが、およそのアウトラインは固まってきています。
あとは、みなさまからの寄付で予算を確保して事業を具体化していきたいと考えています。
100周年を楽しく、心に残るものにすべく頑張っていきますので、よろしくお願いします。

清水東高100周年シンボルマーク

清水東高100周年シンボルマーク

清水東高等学校 在校生のデザインをもとに製作された「シンボルマーク」2022年の学校祭ポスター他 学校・同窓会の印刷物に使われています。スクールカラーは 「エンジ色」!!